アイアン

アイアン

アイアンショット


練習場で、アイアンをマットにたたきつけるような打ち方をしていたら、コースに行ったときダフリぎみのショットになって、ショートしてしまいます。
マットの上で打つときは、クリーンにヒットするようにしましょう。



ドライバーは「アッパーブロー」、アイアンは「ダウンブロー」とよくいわれてますが、そんなことはありません。アイアンも上からつぶすように打つのではなく、横から払うように打ちましょう。

ターフは無理に取ろうとしない。ドライバーではボールの位置は左足カカト。ショートアイアンでは右足寄りになるので、ダウンスィングの最下点はボールより先になります。ですから、ボールの先の芝を取るつもりがなくても自然に取れるのです。

上からつぶすように打とうとすると、インパクトエリアが狭くなってしまうので、打点を一定させて打つのは非常に難しくなります。

横から払うように打つと、スウィング軌道が長くてエリアが広くなるのでインパクトが安定します。




払い打つためのアイアンの構え方は、前かがみにしないで、背筋を伸ばして胸を張る。 (私は、アゴを上げて目線が下になるようにしています。そうすると自然に背筋が伸びた構えになりますよ)。

背筋がまっすぐに伸びていると、肩を水平に回しやすくなるのです。

そしてヒザを少し曲げてお尻をつき出す。そうすると手の通り道が体の近くになるのでスウィング軌道が安定します。

ショートアイアンでもロングアイアンでも基本は同じです。ボールの位置、スタンス幅、前傾角度が少し違うだけです。




それでは打ってみましょう。
右足(右ヒザ)をしっかり安定させて上体をひねります。右足前までまっすぐヘッドを引く。手はゆるく握り、腕を脱力して肩を回して上げていきます。

曲げた右ヒザの形を変えない。ウエイトは右に移動させないで両足の間にある(右脚の内側に圧力を感じます)。

インパクトは横から払い打つように(インパクトでもウエイトは中央)。
ヘッドアップは絶対に禁物、絶対に頭を上げてはなりません(力が入りすぎると頭が上がってしまう)。




アイアンで大振りするほで愚かなことはない。フィニッシュでバランスを崩さない程度に軽く振りましょう。

力を入れて打てばミスしやすい。距離が足りなければ番手を上げればいいのですから・・・
 
    
  メニュー

 
 
 TOPページ

  
● グリップ
   アドレス
  
 スイング
  
 ドライバー
  
 アイアン
  
 アプローチショット
  
● パター
   いろいろなショット
  
 コース戦略

   手作りウッドデッキ
   手作りログハウス
   
趣味の陶器作り
   
趣味の旅行
   
ペット
   ガーデニング
   釣り

      
リンク集
   ゴルフのリンク集
   スポーツのリンク集
   
旅行&レジャーリンク集 1
   
旅行&レジャーリンク集 2
   DIY・ガーデニング
   
癒し・ペットのリンク集
   
手作り・工芸 リンク集
   
アウトドア・釣りのリンク
   
生き物・自然・ライフスタイル
   
素敵な趣味のリンク集
   
知識・ためになるリンク集
   
お役立ち リンク集

   
相互リンクについて
   プロフィール
 
このページの上へ HOME
Copyright © ゴルフと趣味の広場 All rights reserved